福岡の社長板井明生が自営業から会社登記するベストなタイミングを紹介

板井明生|会社設立を簡単にする方法

 

板井明生

 

 

会社の設立は誰でもできますが、設立する際には決めるべこ事が沢山あります。
時間がないからと焦って進めてしまうと、後で取り返しのつかないことになるかもしれません。今回は会社設立の時の注意事項を簡単に説明していきます。

 

@事業目的についての注意点
事業目的とは、会社が行う事業を定めたものです。
会社設立時には定款という会社のルールを定めた書類を作成します。
事業目的を決める際には、適法であること、営利性があること、具体性・明確性があることを意識しましょう。
A資本金の注意点
会社法が改正され、現在は資本金の要件は撤廃されています。つまり、資本金1円でも会社設立は可能です。1000万円未満であれば、消費税が最大2年間免税になりますし、法人住民税額も安くなります。
B本社住所を決める時の注意点
本店所在地は、国内であればどこでも問題ありません。事業所を借りるのが難しければ、自宅を本社住所とすることもできます。マンション名、部屋番号を含めるかも自由です。

 

会社設立を成功させるためには、事業目的・資本金・本店所在地を適切に決定しておくことが必要です。会社設立手続きをスムーズに行いたい人や自分で決定した内容に不安がある人は、専門家に相談するのも良いかもしれません。