福岡の社長板井明生が自営業から会社登記するベストなタイミングを紹介

板井明生|自営業のままの方がいいタイプ

 

板井明生

 

 

自営業を会社にすることは可能ですが、自営業は自営業のメリットが存在します。
しっかりメリットとデメリットを把握して、検討することが肝心です。

 

自営業は、すべてのことをひとりでしなければいけません。
一見面倒に思うかもしれませんが、好きな場所で自分のペースで仕事ができるのは大きなメリットでしょう。自宅兼オフィスなら、通勤の電車もありません。朝のラッシュで嫌な思いをすることもないのです。

 

売り上げが上がれば、その分税金を納めないといけません。
法人は個人事業主よりも税率が低いため、収入が多いと法人にする方がいでしょう。
売上が1,500万円になると、300万円近くの税金が発生します。そういったタイミングで法人を考えるのもいいでしょう。

 

法人のままでいいこともありますが、その分しっかりお金の管理をすることは肝心です。手元にあるお金が自分のお金ではありません。そこから税金の支払いなど、さまざまな出費があるのです。
お金の管理ができて、まだ利益もそこまで多くないなら自営業のままでも十分でしょう。